メニュー

専門家に過払い請求を依頼

過払い金というのは、貸金業者に支払いすぎた利息のことです。現在では過払い金の原因となっていたグレーゾーン金利は解消されていますが、それもごく最近のことです。昔の契約のままカードローンやキャッシングの返済をしている人の中には、このグレーゾーン金利で支払っている人もまだまだいます。

 

そんなときに、過払い金返還請求をするといいのですが、自力ではなく司法書士や弁護士などに依頼をすると、自力にはないメリットがあります。それは、業者からの取立てがとまるということです。

 

過払い金の返還請求の依頼を弁護士や司法書士に依頼をすると、司法書士や弁護士は依頼を受けた旨をキャッシングやカードローンの業者に伝えます。その時点で、貸金業者が取立てをすることができなくなってしまうのです。個人で過払い金返還請求をしても、このメリットはありません。

 

もちろん、支払わなくてもいいというわけではありません。過払い金を差し引いてもまだ借金が残るという場合には、整理をしたあとに再び返済をしなければなりません。しかしその間でも返済をしなくてもいいというのは、金銭的に楽になるというものです。むしろ金銭的なものよりも、精神的なメリットの方が大きいかもしれません。